【レビュー】USB-CポートにUSBマウスレシーバーを刺したい!

USB Type-CをUSB3.0へ変換するアダプタをレビュー

こんにちは、@ぼうです。

最近のデバイスがUSB Type-Cのみになっていくことに異論はないけど、大大大好きロジクールのマウスのUSBレシーバーって全部USB Aなんですよね。
マウスはBluetoothで繋げばいいじゃんって話なんだけど、Bluetoothって外出先(会社とか)でBluetooth機器が溢れていると動作が不安定になります。

そんなときにUSBレシーバーつけたいのに、USB Type-Cポートしかないと詰みなので、USB Type-CポートをType Aに変換するだけのアダプタを買ってみました。

USB Type-CからUSB3.0ポートへ変換

買ったのはこの商品です。
「JSAUX USB Type C to USB 3.0 変換アダプタ」

ケーブルがぷらぷらするタイプと迷いましたが、コンパクトさでこっちを選びました。
ケーブルがぷらぷらするやつは、下記です。

これをUSB Type-Cポートに刺すと、USB3.0ポートとして動作するようになるので、マウスのレシーバーに限らずUSBメモリや、USBハブなどなんでも使えるようになります。

こう考えると普通のUSBポートってまだまだ需要ありますね。

モバイルデバイスはよりコンパクトにするために、幅や高さが必要なUSB3.0ポートが無くなっていく方向ですが、ひとつくらいは残しておいてもらいたいです。

装着してみると意外と出っ張る

実際にUSBアダプタをはめてみた状態が下の写真です。

思ったより長くなる

これだけだとちょっと分かりづらいので、PCに指した状態は下の写真。

下がUSB3.0ポートに直刺し、上がUSB Type-C変換

結構な長さがあって、ぶつけたらヤバそうな感じがします(笑)
いずれ直接USB Type-Cに刺せるUSBレシーバーがでるんですかね?

ロジクールさん期待しています(笑)

とはいえ、目的はこれで果たせているし、マウス以外も刺すことが出来るので便利にはなりました。

2個セットで800円なので、ひとつ400円かかりますが、外出時に一つ持っておくと安心です。
(アマゾンでは799円で買えました)

まとめ

USB Type-Cって今までのガジェットがつかなくって不便だなー、って思っていた人は必携です。
というわけで、ガジェットポーチに一つそっと忍ばせておくことをおすすめします。